ギラツキへの流れ

この章では、「ギラツキ」を解説します。

一応ナンパしている人なら絶対知っている用語なんですが、念のため用語の解説をしておきます。

【用語解説】ギラツキとは?
〜ギラツキ〜

女性に性的関係を求めるためのアプローチをすること。または、その行為。〈動詞形〉ギラツク

(使用例)
俺、カラオケでギラついたけど、彼氏グダでダメだったよ。

「ギラツキ」の一般的な意味は、上記の通りです。

もちろん、普通の恋愛でも、「ギラつく」というのは経験あると思います。

しかし、ナンパのギラは会ってその日ですから、若干ハードルがが高いと思う人が多いようです。

会ってすぐ体を求めたら嫌われるんではないかとか思って躊躇される人も多いのです。

また、せっかく連れ出したのに、無理して失敗したらもったいないという意識が働くようです。

その点、普段からナンパ慣れしている人だと、即日エッチができることに対して何ら違和感がないのが強みです。

意外と誘うとあっさりと上手くいくものです。

自分も声かけて、一緒に道を歩きながら、5分くらいで、胸を揉むという高度な(?)技が身に付いてきます。

普通なら「そんなのあり得ない世界」がナンパで拓けるのです。

ギラツキは、ナンパ師によって個性がでる部分です。

「ギラとグダはナンパ日記の華」というほど、ギラツイた部分とその攻略はブログに詳細に書かれています。

ギラのテクニックがナンパの成功率(性行率)を大きく作用します!