東京都渋谷区 26歳

最近は、mixiでの出会いが下火になったせいか出会い系サイト
の人気が復活しているようです。

その中でも良心的な優良サイト「PCMAX(18禁)の実態は?」
とよく質問を受けます。

もう3年ほど出会い系サイトをやっていますが、
2014年もPCMAX(18禁)はアツいです。

確かに出会い系サイト自体、ワリキリ目的の娘は多い
思います。

しかし、せっかく「出会いのサイト」なんだから無料でエッチ
しか考えていません。

今年も気合いを入れて、「NO援交」で
無料でセックス
を楽しんでいます。

たまに会ってから援交を切り出す娘がいて
そういう娘に限ってアヒル口で超可愛かったりしますが
1度お金で買うことを覚えるとクセになりそうなので我慢です。

「今回はめちゃ可愛いから例外」

というパターンになってしまっては、
結局風俗行くのと変わらなくなりますよね。

ですから、援交は我慢してます。

もちろん、援交と違い、タダでエッチしようとすると
ドタキャンや断られてたり面倒なこともありますが、
セックスに持ち込めたときの喜びは格別です。

スランプで2ヶ月ほどまったくエッチできなかったあとの
ホテルへの連れ込みは格別の思いになります。

もっとも最近のエッチは、18歳の彼氏持ちのギャルとの
ホテルへのお泊まりです。

渋谷のクラブで踊ってて終電なくした女の子と
待ち合わせ。

彼氏が車で送ってくれないとご立腹のよう。

さっそく車で迎えに行くと、ノリのいい茶髪で派手な格好の
日焼けギャルでした。

「超サンキュー」

と初対面の男性にも臆することなく元気な娘。

益若つばさのような小柄でオシャレな娘です。

「新越谷駅まで送って欲しいの。折角だからついでに海沿い軽く寄ってよ。」

とご注文。

なので、竹芝桟橋方面に向かいます。

広大な土地で深夜のため路駐の心配なく車を止めて、
レインボーブリッジの綺麗な夜景を堪能。

「こんな景色はじめて〜」と計算通りに感激するギャル。

周りに人がないので、そっとギャルの肩を抱くと
頭を私の肩の上にのせてきます。

「カレシいるから、これ以上ダメだよ。」

とお決まりのグダ。

しかし、こんなの形式的な断り文句。

「お前が綺麗すぎるからワルいんだろ。」
と半ば強引にキス。

彼女も抵抗する様子がない。

舌を絡めると、リズムよくカノジョもねっとり絡め合わせる。

おっぱいをムギュと揉むと
「これ以上はダメ」
と手を払う。

「今日はカレシのこと忘れようぜ。ヤツが悪いんだろ。」

そう言って、再度抱き寄せてキスを再開する。

今度は逃げれないように強く抱きしめる。

ビンビンに膨れた股間を彼女のアソコあたりにグイグイ押し付ける。

「どうだ?俺の感じるか?」

といやらしく聞くと無言だがまんざらじゃない様子です。

彼女の受け入れOKの表情を確認すると、手をスカートの下から
忍ばせてパンティーの上を撫で撫でします。

ちょうとクリのあたりに触れると、「ああ〜ん。」
と声が漏れます。

「ダメじゃないの?もう抵抗しないの?」

「意地悪。。。」

「直で触って欲しいの?」

軽くうなずくギャル。

指をパンティーの中に入れると入り口付近が洪水状態です。

「これイヤらしいね?」

私の指についたネバネバした体液を彼女の頬の近くまで
もってきて見せるとちょっと不快な顔をしました。
それからを指をまた彼女の性器に挿入します。

1本。。2本。。。3本

指の本数が増えるほど彼女は身をよじらせて
立つことができずにベンチに倒れ込みます。

3本指で指の出し入れの速度をマックスに速めると
屋外であることを忘れて
「あは〜ん、うふーん」
と声を大きく荒げます。

そして、自分もズボンを脱ぐとギャルの口にツッコミます。

舌でねっとりと舐めますが、
女の意識が下半身に集中しているせいか
フェラに集中しません。

ギャルは「はやく入れて」と挿入を熱心に促します。

フェラチオが不十分なのが不満だったのですが、
「ナマじゃないとヤラないよ」
強気で言うと、

ペニスを握り「構わないから」と挿入を
催促してきました。

地べたに彼女を寝かせ、チンポをゆっくりと挿入すると
ギャルは恍惚の表情を見せてよだれを垂らしました。

地面はヤリ心地は悪いですが、正常位でピストンを繰り返すと
相当感じた様子でカラダをバタバタさせるのでした。

最後は、彼女の膣内でフィニッシュ。

ぐったりしたギャルを車に連れて行き30分ほど休ませると
新越谷駅へ車で向かいました。

駅に到着をすると、

「じゃあ、ありがとうね。」

とカノジョは何ごともなかったかのように
車を降り自宅へ小走りで帰って行きました。

この時期PCMAX(18禁)なら簡単に出会えます。

 

おすすめの記事