昨日の渋谷ナンパも不発に終わり、また即が遠のく。

「ダメよ〜ダメダメ」と昨日も大島優子似の美女を手まで繋げたが、
連れ出しさえも出来なかった。

果たしてナンパで即するのってこんなに難しかったっけ?

さて、最近巷で新手のグダが猛威を振っているのでナンパ師の方々に
注意喚起をしておきたい。

従来の女性のグダと言えば

・カレシがいる

・そんなに軽い女じゃない

・好きな人じゃないとエッチできない

・もっと知り合ってじゃないと無理

・黒人以外興味がない

など決まりきったパターンだった。それに対してナンパ界でも
グダを崩すための対策が進み対抗していた。

しかし、「ダメよ〜ダメダメ」グダには要注意だ。

日本エレキテル連合によるナンパ界への
爆弾とも言える芸だ。

よく分からない方は以下の動画を見て欲しい。

 

[被害ケース1]

「ちょっとだけカフェ行こうよ!」

「ダメーよ〜ダメダメ」

[被害ケース2]

「絶対に何もしないからホテル行こう」

「ダメーよ〜ダメダメ」

[被害ケース3]

「減るもんじゃないからオッパイ揉ましてよ!」

「ダメーよ〜ダメダメ」

 

こういったグダは、結構面倒だ。

中には、「俺はナンパしないし関係ねえ。」
と思われる方もいるかもしれない。

しかし、一般社会でもこんなケースが想定できる。

【想定できる被害の事例1】

・デリヘル嬢とホテルで

「先っぽだけでいいから入れさせて!」

「ダメーよ〜ダメダメ」

【想定できる被害の事例2】

・合コンでお持ち帰りした娘とホテルで

「絶対に外に出すから、ゴム無しでいい?」

「ダメーよ〜ダメダメ」

【想定できる被害の事例3】

・痴漢で捕まって示談交渉の場で

「10万円で和解できますか?」

「ダメーよ〜ダメダメ」

これで通常の日常生活でも大きな影響があるのが
分かって頂けたと思う。

これらのグダは馬鹿らしいほど単調で、ナンセンスさが特徴で
一見崩しやすいのではと思われがちだ。

しかし、従来グダは非常にロジカルなものだ。

例えば、
カレシがいる→だから裏切れない
と論理的な一貫性が存在する。

だから、より緻密なロジックをこちらが提示し、
より高い視点をギャルに与えることで、
相手の気持ちを翻意することが可能だ。

「相手の男性を裏切るというのは、
キスやセックスとは関係ないんだよ。」

「なんで?」

「だって、女性の生物学的本能は子供を産むことだ。だから俺の
精子を体内に受け入れない限りそれは裏切りではないんだよ。」

「分かった。フェラで口内射精や生セックスさえしなければ
裏切ったことにならないのね。」

「よく理解した。お前は賢いぞ!」

「本当?私も本当は賢いんじゃないかと思ってたの!」

とロジカルに相手を丸め込むことができる。

論理的展開にファジーさが残るものの,お互い自分の守るべき立場を
堅持しながら、双方ともセックスして気持ちいいというハッピーで
win-winな状態になれるのだ。

そこには、ベンサムの提唱する「最大多数の最大幸福」という理想的
な世界が登場する。

しかし、そういったナンパ界の予定的調和を崩すグダが
「ダメよ〜ダメダメ」だ。

ナンセンス系は、ロジカルさを一切受け入れ拒否する世界だ。

ナンセンス系には、ナンセンス系で返すしかない。

「いい〜じゃん、イイ、イイ」
とボケ返すことも考えたが中学生並みであまりに芸がない。

どう返そう? すごく迷う。

ここら辺のそのナンパ師の独自スタイルを壊す破壊力が、
「ダメよ〜ダメダメ」グダの特徴だ。

今のところ、解決策はない。

「なんだ!解決策なしで終わりかよ。」

そう思われた読者も多いだろう。

即はできないし、問題提起しておいて解決策がない。

そんなナンパ師のブログを読んでも意味がない。

そう思う読者が現れるの無理もない。

しかし、私パルは予告しておく。

「キャバ嬢に71%の確率でちんこを触らせる技術」
の開発に成功した。

これは、すごい確率であることは、通常のキャバファンなら
分かるはずだ。

近日中にブログで公開するので楽しみにして置いて欲しい。

「やっぱり、パルは凄い!」
そう思わせてみせますよん。

>>PCMAX(18禁)で今すぐ出会いを作る<<

【初心者がナンパできるようになるお勧めの教材】
後藤孝規のナンパテンプレート&実録ナンパ動画

【ナンパは絶対したくないけど女の子とエッチはした人向け】
■半自動的に女性の恋愛感情が乱れる<出水聡 ESCALATION>

おすすめの記事