ちょっと今回は、単純接触効果について書きたいと思います。

久々に横浜西口でのナンパをしてきました。

出会いSNS PCMAX(18禁)(PCマックス)

なんか横浜西口っていいですね。リブレがあって、ダイエーがあって。
そして、ドンキがある。

ドンキがあるということは、ユルいギャルの出入りする流れがあると
いうことです。

間違いなく“東京”ではないんだけど、渋谷や新宿の一部をくり抜いた
ような街並みもあったりします。

大宮でもなければ、川越・柏でもない。

独特のナンパスポットとしての魅力が横浜には備わっています。

イメージ的には、横浜西口ってすごく人が多いイメージがあると思う
のですが、日によっては全くターゲットが見つからない人がまばらな
時があります。

なので、そんな時は傷心になり、東横線で渋谷に移動するというのが
自分のお決まりパターンです。

横浜の欠点は、自分の住まいから遠いので、足が遠のきがちなのです。

また、5年以上前のアツさに比べると盛り上がりに欠けるのかなとは
思ったりもしますけど、
それはどの街でも似たり寄ったりなのでしょう。

ただ、間違いなく過去にいい思いが出来た街の1つですから、
自分のイメージ的には非常にいいです。

パル『あの、すごい可愛い娘ですけど、モデルさん?』

ギャル『違います。』

パルが『じゃあ、』と話を続けようとするとギャルが遮り、

『あのう。前も話しかけましたよね?1ヶ月くらい前』

パル『えっ。本当!』

正直覚えていないんですが、あり得ない話ではないのです。

だいたい横浜西口なんて、よく見る顔に出くわしますから。。

よく見る顔に出くわすというのは、

1つには暇人が多いのでしょうが、
1つには皆さんの想像以上に狭い街なんです。

パル『こんな可愛い子に声かけたら絶対覚えてるはずなんだけどなあ。』

ギャル『絶対ウソ!だって◯◯な話や△△な話してたでしょ。それから
AKBにいそうとか言ってたよね(笑)』

まさに、自分のいつものネタです。自分のトークのワンパータンさを
反省しました(涙)

ギャル『いつも横浜で誰にでも声かけてるの?』

パル『そう。芸能人並みに可愛い娘には取りあえず誰にでも声かけてる。』

ギャル『あっ、それも前言っていた!』

パル『えっ、そうかなあ?』

ギャル『ウソピョ〜ン』
とおどけながら舌を出す。

『オイ!』とギャル肩を手で軽く押しじゃれた格好に。

何か意に反していい感じになってきました。

再開を祝してなど、適当なことを言って、某ハンバーガー店へ。

店内に入ると若い娘が多い。

パル『横浜って若い娘多いよね。』

ギャル『そうなんだよね。私もオバさんになって気がする。』

パル『えっ、いくつなの?』

ギャル『もう22なの。今度23になる。』

パル『ヤバい。オバさんだね。』

☞ポイント 『えっ、22って若いじゃん』と言ってもありきたりの褒め
なのでイジってみる

ギャル『うっせーよ。』

 

【ギャルの基本情報】

・22歳 サエ子ちゃん
・こんがり日焼けの茶髪ちゃん
・横浜で居酒屋のバイト

話の展開は、サエ子ちゃんはよくしゃべるので、自分はボケでサエ子
ちゃんはツコッミという流れになしました。

自分は会話で引っ張るのは苦手なので自分には楽な流れ。基本人の話を
聞いているのが好きです。

だいぶ打ち解けてきたので、大好きな下ネタへ。

パル『ところで、サセ子ちゃんは、最近Hはご無沙汰なの?』

ギャル『サセ子じゃねえし。エッチはここ3ヶ月していない。』

パル『彼氏と別れてからしてないの?』

ギャル『いや、旦那と。』

パル『えっ!!!』

ギャル『そうバツイチなの。』

パル『じゃあ、3ヶ月前にエッチしたのは元旦那と?』

ギャル『はあ!今の会話の流れでフツーそこ気になる?たいてい、何が
原因で離婚なの?とか何歳で結婚したの?とか子供はいるの?とか聞い
てこない。やっぱ、お兄さんアタマおかしいよね(笑)』

パル『そうなんだよ。3ヶ月前にどんなプレーしたのかだけが気に
なっちゃってさ。アハハ。。。』

冷たい目でこっちを見るサエちゃん。なので、自分は全く興味ないけど
一応離婚理由とか聞いてみた。

旦那の暴力が原因で離婚らしいです。

まあ、よくある話だけどサエ子ちゃんの見た目から
バツイチというイメージが湧かない。

まだ、お子ちゃまだと思っていたのに。。

それから、1時間以上、いろいろ聞かされました。

たぶん、サエちゃん愚痴りたいんです。

ちなみに、3ヶ月前にエッチしたのは、元旦那ではなくクラブで
ナンパされた男性とらしいです。

誰でもいいから。。

元旦那の愚痴なんて自分にはどうでもいいのに。

俺はただサエちゃんとエッチがしたいだけなのに。

そんなこんなで、サエちゃんの感情がだいぶ高まってきたので、
お酒が入ればエッチできるかなと思い安そうな居酒屋に入りました。

計算通り、サエちゃんちょっと飲んでもべろんべんになり、とても陽気に
なりました。

どのくらい陽気かと言えば、オッパイ触っても全く文句言わないほどです。

パルがオッパイ揉んでると、『どうすれば、オッパイ大きくなるかな?』
と質問されました。

『やっぱり、男に揉まれるのが一番じゃん。』と男子高校生みたいな下品
で芸のない返事をしました。そしたら、

『じゃあ、もっと揉んで』と予想外の返事がきました。

『じゃあ、ホテル行く?』と聞くと、

『うん。』とクビを縦にふりました。

素直な娘です。

ホテルを探しながら、歩いていると

『私のこと軽いオンナだと思っているでしょ?』
と鋭い目でこっちを見ました。

『世の中に軽いオンナなんていないんだよ。ただ、誰でもそういう気分
になることもある。それは悪いことじゃない。』
と遠くを眺めながらクールに言いました。

☞ポイント ここで言葉の選択を間違えると、『やっぱり、帰る。』とか
言いかねないので細心の注意が必要。ギャルは気まぐれです。

ホテルのベッドに倒れ込むと、取りあえずディープキスをしまくる。

『約束通りオッパイを大きくしてあげる』とか言いながら白いTシャツを
捲し上げるとバツイチとは思えない綺麗な乳首と乳房が現れる。

日焼けしているのに、乳房のところは白いのが非常に興奮をかき立てる。

乳房をべろべろ舐め回すとちょっとしょっぱい味がします。

彼女は、飲み過ぎてぐったりしているので、自分でズボンを下ろすと、
口元にペニスを持っていきフェラチオをさせる。

舌でペニスを舐めるではなく、そのままパクっと口に含み、深く浅くの
激しいストーロクを繰り返す。

フェラが単調なので飽きてきたので、挿入へ。

ゴムなしで、外出し。

きめの細かい小麦色の肌に、白い濁液が飛び散る。

そのまま、ぐったり2人睡眠をとる。

 

こじんまりした街だと同じ女の子と度々会うことがあります。

なので、声かけて断られたからといって女の子に悪態つくようなナンパは
しない方がいいです。

出会いSNS PCMAX(18禁)(PCマックス)

おすすめの記事