土曜日にちょっとナンパしてきました。

夜に用事があったので、即狙いではなく、暇つぶしナンパです。

やっぱり、ナンパのいいところは、どんなに可愛いと話しても
お金がかからないことです。

キャバクラで無駄金を使うより、経済的ですし、自分を高める
ことができます。

=================
新宿でふざけナンパ
=================

 

軽〜そうなギャル2人組がしゃがみ込んでいます。

パル 「お〜ッす。何やってんの?」

ギャル 「べつに〜。しゃべってるだけ。」

パル 「2人とも用事ないの?」

ギャル 「何もない〜。暇してる。」

パル 「じゃあさあ。これから俺と3Pしない?」

ギャル 「はあ〜。何言ってんの?」

パル 「えっ、3Pだよ。したことないの?」

ギャルA 「したことあるわけないでしょ。」

パル 「じゃあ。やってみなきゃ。」

ギャルB    「何でしなきゃ、いけないの? でもA子は3Pあるよね?」

ギャルA     「おい、B子。余計なこというなよ。あれは、ノリだよ。」

パル  「人間何事も経験だから、ホテルどこ行く?」

ギャル 「行かねえよ!メリットねえし!」

パル  「ある。ある。俺すごいテクニシャンなんだよ。」

ギャルA 「そんなの、いらない。いらない。イケメンならなんでもいい。」

パル  「顔はともかく、エッチテクならそこら辺のホストに負けないし!」

ギャルB   「もう、どうでもいいよ。あっち行って! 私たち、忙しいから。」

そんなこんなで、話を強引に話を切り上げ、次にいきます。

※話を切り上げられたんやろ!

まあ、こんな雑なトークなんです。まず、「うん。3Pしたい。」なんて
トントン拍子に話が進むわけないし、もっとまともに会話して番ゲに
つなげた方がいいのでは?と思われると思います。

ただ、会ったばかりのギャルに「3Pしようぜ!」と言うのが楽しいと思えるか
どうかって、ナンパ向きの男性か、そうでないかを分ける気がします。

ナンパ師と合流して、ギャルにこんなバカな声かけをしてると、楽しんでくれる
人がいる一方、「意味なくない?」と疑問に感じる方も多いです。

パルは、こういったバカな会話を楽しい思える人と一緒にナンパしたいですね。

どっちが正しいというのはないです。ただ、アスリートの様に月の即数を
追い求めて自分が苦しくなっているナンパ師を多く見かけます。

よく、グループでナンパしている人だと、周りの同時期にナンパはじめた
男性が「3即した!」と言っているのに自分が坊主だと、
すごく焦って苦しむと思います。

「ナンパを楽しむ」

という心は、非常に大切だと思います。

誰だって、ナンパでエッチするのは当然楽しいと思います。

でも、エッチができないときでも、声かけを楽しむという心のゆとりがないと、
ナンパ自体が嫌いになってしまうと思います。

もちろん、自分を高める努力をせず、だらだらナンパして時間を無駄にするのも
よくないですが、楽しむ気持ちがなく声かけしていると相手の女性にテンション
が伝わると思います。

「うさぎと亀」の話を思い出して下さい。

亀が勝てたのは、うさぎと競争しなかったからです。うさぎがどんなに先に
進んでも、焦らず、自分のペースで進んだから勝てたのです。

一方、うさぎは、圧倒的なポテンシャルがあるので、普通にしていれば、
絶対に負けることはなかったのです。

しかし、うさぎは、亀と競争してしまったのです。競争しているから、
亀に大差で勝っていることに慢心し、ペースを崩し負けてしまったのです。

うさぎは、亀を意識せず自分のペースで走っていたら、負けることは
なかったはずです。

ゴールをしっかり見据えていたら、そこを目指して、
一心に突き進みましょう。

継続するには、楽しいと思えることではなくてはなりません。

自分の楽しさは、可愛い娘とエロい話をすることにあります。

なので、ときにエッチすることに優先して、エロい話をすることが
あります。

人それぞれなので、自分らしいナンパスタイルを確立するといいと
思います。

ところで、ナンパ初心者の方って、会ったばかりの女性とエロい話
をするのが信じられないと思います。

自分も昔はそうでした。「ホットドッグプレス」のような男性誌を
読んで、『いきなり下ネタをする男性は嫌われる。』というような
記事を読んだことがあると思います。

パルも真面目そうな見かけから、「礼儀正しい」ことをウリに女性
と接してきました。

高校時代は、真面目な進学校に通って、大学は中堅の地味な私大に
通いました。一部のチャラい男性を横目に「誠実」そうな男性を
演じてきましたが、まったく女性に縁がありませんでした。

ギャル男のような男性を嫌悪し、「世の中間違っている」とチャラい
男性にホイホイついていく女性を心の中で非難しながら悶々としていま
した。

しかし、どんなに周りが間違っていると思ったところで、
何も変わりません。

自分を変えることで、積年の憧れであるギャルをゲットすると決意し
ナンパを始めました。

もちろん、真面目な男性にとって、始めはナンパは困難です。

でも、この困難に立ち向かう覚悟をしたとき、女性に不自由するという
生活から解放されました。

なので、多くの男性に真面目が取り柄でも、自分の可能性を諦めるな!と
伝えたいです。

それで、自分はナンパセミナーを始めました。

しかし、実際にセミナーに来る男性って、新人ボーイズバー店員とか
若い営業マンとかモテそうな大学生などなどなんです。

ナンパはできないけど、女性に困っていない男性なんです。

ちょっと方向性が違ってきたなと思い、最近はセミナーを
やっていません。

「全ての男性にナンパを!」

そう思うナンパの情報発信をしています。

もちろん、すべての男性がスト師になる必要はありません。

スト師はスト師で、辛い部分が多いです。

毎日ストリートに出て、即を重ねながらも現状に疑問を感じる
日々は意外と辛い部分もあります。

それなら、一度、ストリートで声をかけてみたら、バーで声かけ
なんて簡単になります。

ちょっとナンパ力をつければ、日々の生活で、出会いのチャンス
をものにできるようになります。

楽しい充実した日々を過ごせるはずです。

プチ・ナンパ師を目指して下さい。

 

【ナンパ情報】

連れ出し後会話テクニック ~ナンパ連れ出し後or1回目デート2時間でSEXに到達できるトークノウハウ ~ 【全額返金保証】 と 【成果保証】 の ダブル保証付き!

 

 

おすすめの記事