今日は、ワクワクメールで知り合った19歳専門学校生
待望のアポです。

写メを見る限り、AKB14期生の内山奈月ちゃん似のハニカム
笑顔が特徴の可愛い娘です。

昼の1時に池袋駅東口の東急ハンズ前で待ち合わせをしました。

ただ、顔は写メでしか分かりません。ワクワクメールでアポを取り
付けた娘です。


(画像はイメージです)

短期間のやり取りで会う約束を取り付けたので、即エッチが期待でき
ます。

ただ、メールでエッチなやり取りはしていないので、
そこは実際に会ってみないとヤレるか分かりません。

待ち合わせ場所に行くと、実物の顔立ちも悪くないですが、
地味な印象を受けました。

ただ、細身の色白で、おわん型の小ぶりの胸の膨らみで、
体型的にはど真ん中のストライクです。

自分としては、ぽっちゃりの美人より、細めな綺麗な体型のブスの方が
好ましいと思っていますので、普通の顔立ちなので満足でした。
(ちなみに、アッキーナのような体型が大好きです。)

もちろん、ギャル好きな自分としては物足りない部分があるのですが、
自分も、プロフィールが29歳で六本木在住となっていますので、
人のことをとやかく言えません(;´Д`)ノ

一応、出会い系で会うときに、自分のスペックをある程度は盛ったり、
自分の歳を誤摩化すのは必須です。

40歳なんて書くと、援交の娘以外で20歳前後と会うのは厳しいです。

会ったときの注意なんですが、バツ悪そうに「俺なんかで大丈夫?」なんて
第一声をかけてはいけません。

「あっ、待たせた?会えるのすごく楽しみにしていたよ。凄い可愛い娘で
よかった。」と満面の笑みで伝えましょう。気合いが大切です。

一応、会った娘の情報

名前(仮名) 里奈ちゃん

彼氏いない歴 半年

性格     寂しがり屋 男に構われたい

バイト    コンビニ店員

定食屋で食事をすることにしました。地味なタイプなので周りの男性にあまり
チヤホヤされるタイプでないので、褒めまくりました。

体のスタイルは本当に良かったので、心から褒めて、また性格が素直な点も
「きっと、親御さんのしつけが良かったんだね。」と持ち上げました。

ただ褒めるのではなく、「親の躾が良かったんだね。」と付け加えるだけで、
漠然と褒めるよりも説得力が増して相手に喜ばれます。

もちろん、「親の躾がいい娘が、出会い系サイトで男と会うか!」という鋭い
ツッコミは無しでお願いします。

過去の恋愛話や悩み事など個人的な話に食い込めたので、印象は悪くないはず
です。

店を出るとき、手を繋ぐと「やっぱ、そういう目的なんだ。」と言われました。

「そういう目的って?」て聞き返すと、
「男の人って、すぐエッチして終わりなんでしょう?」
とよくあるグダです。

すぐ、ホテルは難しいと判断し、公園でいちゃついてみました。
「里奈はすごくいい娘だから会ってするぐにエッチなんかしないよ。」
と余裕ある男の発言をしてみました。かく乱作戦です。

暫くの間、たわいもない会話をし、
「手を繋いだのは、1年以上彼女がいなく、寂しかったからかも。」
と言い、さらにカノジョの首回りをさすりながら、
「すごい綺麗な肌だね。ふつう、この胸元を意識するなというのが無理
でしょ。」と言いながら手の甲を軽く胸に当てました。

白い丸首のTシャツから、淡い水色のブラが透けて小ぶりな胸の膨らみが
そそります。

今度は、手のひらで胸を軽くさすると、嫌がる素振りはなく、さら激し
く揉み出すと、カノジョが私の手を握り、
「人が見ているから駄目。」
と制されました。

揉もうとする自分の腕と、制止しようとするカノジョの腕が交錯し、
夏の暑さで汗ばんだ腕が絡み合い、エッチな想像がかなり膨らみみました。

「始めて会った娘とエッチはできない。でも我慢できない。」と言いながら
キスをしました。舌を2、3往復絡めると、「だめっ」とうつむきキスが
中断されました。

カノジョの薄い唇を指でなぞりながら、「なんで駄目なの?」と聞くと、
「どうせ、遊びでしょ。」とうつむきました。

「本気だよ。」と囁き、カノジョのアゴを指であげ、キスを続けました。

「人が見ている。」と拒むので、「じゃあ、人のいないところへ行こう。」
とホテルに行きました。

ホテルの入るまで、2人とも全くの無言でした。下手にしゃべると気が変わ
る場合もあるので、細心の注意を払ってホテル・イン。

やっぱり、ホテルでカノジョのTシャツを脱がすと、白い細身の体に一切
シミやキズもなくきれいでした。やっぱり19の肌はいい。

お互い汗をかいてましたが、シャワーを浴びず、べたべたな体を重ね合い、
自分のペニスを彼女の口に近づけました。

ちょっとためらって、何かを自分に言おうとしたのですが、そのまま無言で
薄い唇を私のペニスにつけ、舌でカリの部分をなぞり始めました。

彼女の唾液が自分の先っぽから、彼女の口までイヤらしく伸びました。

白いスベスベの肌に、おなかの小さく綺麗なおへそを目がけて、自分の白い
濁液をかけたい衝動にかられましたが、イクのは我慢しました。

そう、今日は「柏祭り」です。

柏祭りは、一番自分に相性のいいイベントで、今まで即率が高い絶対に外せ
ないイベントです。

夜柏祭りでナンパして、即に持ち込めたときのため、また、射精してナンパへ
の情熱を減らさないため射精を我慢しました。

「今日会ったばかりだから、射精して里奈を汚したくない。」ともっともらしい
ことを言い、会話で残りの時間を楽しみました。

そして、彼女と別れ柏祭りに移動しました。しかし、到着するや、ゲリラ雨
祭りを襲いました。

祭り特有の雰囲気が損なわれ、ナンパのモチベーションが下がりました。

階段でしゃがんでいる2人組のギャルに、「あれっ、優子ちゃんだっけ?」
雑なトークで絡みましたが、会話を続ける元気がありません。

結局ナンパは、不発に終わり、射精しておけばとの後悔が残りました。。。

 

ナンパブログランキングに参加しています。

⬇⬇ 是非、ポチっと応援をよろしくお願い致します。

 

〜PR〜
スーパー会話テンプレート~決まったセリフを言うだけで、かわいい女の子の感情を刺激し発情させ、自分から離れられないほどに心を開かせる会話術

おすすめの記事