18歳の可愛い娘とエッチするのは、男にとってロマンだと思います。

法律上、エッチ可能な最も若い歳が18歳なのですから。

さて、昨日ナンパで池袋東口のジーンズショップ辺りを歩いていたら、
知らないおばちゃんに声をかけられ、

「お兄さん、これからちょっと電車乗らないといけないんだけど、
電車代を数百円ほど恵んでくれない。」

とせがまれました。そこまで悪い身なりの女性ではないんですが。。

アベノミクスだなんだと言っても、やっぱり日本は不景気なんで
でしょうか?

ただ、知らない人に急に話しかけられるって、すごくビックリしま
すよね。

ナンパされる女性もそんな気分なんでしょうか・・

これからは、女性の気持ちを考えて、ナンパを控えるようにします。。

気を取り直して、大塚駅前に美味しいラーメン屋があるので食べに
移動しました。一駅の移動です。

大塚駅周辺は色気のある街ではなく、人も少ないのですが、たまたま
凄く可愛い娘がいたので声をかけてしまいました。

※声をかけるだけで、ナンパではありません。

「あの〜、すごい好みだったので、思わず声をかけちゃったんです
けど。」と珍しく誠実系で声をかけました。

ギャルは、私を見てクスッと笑い、
「あ〜、どうもありがとうございます。」と意外に好感触です。

「これから帰り?」と聞くと、仕事帰りとのことです。

舌ピアス、胸元を意識させる絶妙なファッションで、
「キャバ嬢なの?」
と聞くと、ピンサロ嬢とのことでビックリしました。

渋谷を歩いていたら、全くおかしくはないんですが、
大塚のピンサロと言えば、安いけど質は、、、

な感じが殆どで、ピンサロをこよなく愛したナンパ侍もここ10年
以上足を踏み入れてなく、地雷地帯と思っていました。

「お姉ちゃんみたいな可愛い娘が大塚のピンサロにいるって、ビックリ
なんだけど。」と言うと、「確かに、自分は浮いているかも(笑)」
のこと。

ここで、このギャルとピンサロ談義

20年ぐらい前は、巣鴨・大塚と言えばピンサロの聖地で、安いイベント
のときは、指名料込みで3千円で、キミみたいな若く、可愛い娘がお口で
抜いてくれたものだった。

当時は、ヘルスが1万円くらいするなか、可愛い20歳前後の娘と3千円
で抜けるピンサロは学生でいつも金欠だった自分の唯一のオアシスだった。

など、自分の思い出を語りました。

※いつも金欠なのは、社会人になっても一緒です。。。

「今、自分がこうして、六本木ヒルズに住めるまでになったのは、あの時
のピンサロのおかげ。今、そのピンサロ嬢であるキミにお礼がしたい。」

と松屋に誘いました。(本当は千葉県民です。)

仕事とプライベートは分けているの。ゴメン。」と断られました。

しかし、「私が生まれる前から、ピンサロ行ってたってウケる。」
とのこと。

それにしても、歳を聞くと18歳。高校に行っていれば、高校3年生です。
若い。肌が違います。


(画像はイメージです)

胸元から覗く青い原色のブラと上部の胸に膨らみに、私のチ◯コも膨らみ
ました。

じゅあ、店に戻って、3千円で抜いて欲しいと懇願するも断られました。

※当たり前です。。。

なんとか、ここから逆転エッチできないかと粘りました。

「ピンサロって、ここ疲れるでしょ?」と彼女のアゴに軽く触れ、軽く唇に
タッチしました。

※外堀から埋めましょう!

「ちょっと、ゴミついている。」とオッパイを触ろうとしましたが、駄目で
した。

お礼にチ◯コ触らすから、オッパイ揉ませて欲しいとか、彼女にメリットの
ある提案をしましたが駄目でした。

本当にタイプの娘だったので、結婚を前提にフェラチオをお願いしましたが、
「性欲に忠実な人ですね。」と笑われ、一蹴されました。

仕方がないので、彼女が噛んでいるガムを貰いました。

そう、間接キスです。

一瞬喜びましたが、同時にその唾液には、他の男のザー◯ンが混ざっていると
気づき、ガムを彼女の口に戻しました。

そう、18歳・激カワ美女のガムをゲットしました。。。

 

>>ナンパ侍が現在も実践中の374個の恋愛テクニックはこちら

↓ ↓少しでも参考になりましたら、ポチっと応援をお願い致します

 


おすすめの記事