渋谷駅周辺はナンパスポットとして有名です。

109道玄坂マークシティなどナンパの名所が目白押しです。

しかし、ナンパをしやすい街かと言えば、必ずしもそうではありません。

そう!渋谷は、都内屈指のガンシカ地帯なのです。

ガンシカはナンパ師共通のです。

これを撲滅してこそ、ナンパ師の健全な精神を保てるのです。

まだ、完全ではないのですが、ガンシカ崩しの研究の成果の一部を公表します。

【研究・その1】

ナンパ侍『ねえ、知ってる?』

ギャル 無視。。。

ナンパ侍『あの〜、3人目産まれそうなんですが、救急車呼んでもらっていいで
すか?』

ギャル さらに冷たい視線

失敗です。。。

【研究・その2】

ナンパ侍『あれっ、明美じゃん!久しぶり!』

ギャル 『あの〜、違います。』

以後、シカトモード突入

※今回は失敗でしたが、更なる研究で5人に2人は、クスっと微ウケすることが
判明しました。その後の切り返し次第では、更なる展開がはかれそうです。

ただ、ごくたまに名前がドンピシャで当たると、すごく気持ち悪がられるので注意
が必要です。

【研究・その3】

ナンパ侍『あの〜、アンケートいいですか?』

ギャル シカト

ナンパ侍『一応、国民の義務なんですけど。。。』

ギャル 『うるさい!』
※渋谷ギャルは気が強い

 

心が折れて、もう帰ろうとしたとき、近くに可愛い2人組を発見!

 

【研究・その4】

ナンパ侍『yahooニュース見た?』

私を一瞥後、スタスタ逃げようとする2人。

ナンパ侍『◯◯(適当な若手俳優)が死んだって知ってる?』

ギャル 『えっ、マジ!知らない。知らない。』

ナンパ侍『だよね。ウソだもん。』
※勝ち誇って言いました。

ギャル 『。。。』

ナンパ侍『あっ、怒った?』

ギャル 『別に。。。』
※解説ーここでの『別に』は、この程度で怒る器の小さいオンナでないという
ギャルの背伸びした発言で、本当はすごく怒っているはずです。

 

結果はどうあれ、やっと女の子のガンシカを崩すことができました。

確かに、その後、いい関係を築くのはむつかしいですが、話を聞いて貰わなけ
れば始まりません。

研究・その4は無謀と思われるかもしれませんが、実は相手の感情を刺激する
効果があるのです。

ギャル達からすると、

無関心→強烈な驚き→怒り

という一連の感情の起伏により、心理的にジェットコースター状態になってい
るのです。

一見、華やかな渋谷を闊歩するギャル達も実は、

遅起き→バイト→バイト帰りのクラブでオッパイを揉まれる→ムカついて帰宅

という単調な生活を送っています。

サラリーマンで言えば、

家→会社→居酒屋で部長の悪口

という魔の三角地帯なのです。

ですから、感情に刺激を与えれば、その起伏や感情の高まりを相手の男性との
性的興奮に結びつけるようになるのです。たぶん。。。。

ただ、【研究・その4】は、トークをどう展開すればいいか?

今現在、私が思いつくのは、

その1 ニュースの話をウソと言わず、ウソを貫き通し、その間に仲良くなる。
仲良くなれば、ウソも許されずはずです。

その2 「君達があまりに可愛いから嘘までついて話しかけちゃった。ごめん。」
と素直に謝る。

その3 「この情報化社会。簡単に騙されるお前達が甘い。その甘さがいつか命
取りになる。」と逆ギレ&説教をかまし有利な立場にたつ。

どちらにしても、厚いツラの皮が必要になりますが、
ナンパに図々しさは必須です。

 

ナンパブログランキングに参加しています。

⬇⬇ 是非、ポチっと応援をよろしくお願い致します。

〜PR〜
出会いの革命 レバレッジ出会い術 街行く美女と思うままに出会い、彼女に変える!レバレッジ出会い術が、あなたの人生を変える!

おすすめの記事